安全・安心への取り組み

食品安全・品質基本方針

安全・安心への5つの約束

  1. 昭和産業グループが製造・販売を行うすべての製品・商品について、食品衛生法などの関係法令を遵守します。
  2. 製品の安全性を確保するために、常にお客様の視点に立ち、製造設備・機器の衛生管理の向上と信頼性の確保に努め、HACCP管理に基づき食品汚染等の危害発生を防止します。
  3. 不測の事態が生じた場合は、お客様の安全を最優先に考えて、危機管理対応ルールに則った、迅速かつ透明性の高い行動を取ります。
  4. 原材料の入庫から製品の製造・出荷・流通に至る、全段階での品質管理の向上と、トレーサビリティーの確保を図り、製品事故の未然防止に努めます。
  5. 市場やお客様のニーズを捉え、昭和産業グループの特徴を活かした価値の高い製品の開発に注力します。
  • HACCP(Hazard Analysis Critical Control Point):原料の入荷から製造・出荷までの全ての工程において、重要管理点を特定して、そのポイントを継続的に監視し、人に危害を与える製品の出荷を未然に防ぐシステムです。

食品安全・品質マネジメントシステム

食品安全・品質マネジメントシステム「安全・安心3原則」

昭和産業では、「安全・安心3原則」の考え方を基本とし、原料の調達段階から、出荷までの工程での各種基準の見直しや製造環境のレベル向上を目指した活動をしています。
原則1 原材料の調達段階
問題のあるものを
持ち込まない
原則2 工場の製造段階
問題のある製品を
作らない
原則3 出荷の段階
問題のある製品を
持ち出さない

昭和産業グループは、安全・安心3原則を定め、これを確実に実行していくために、「HACCP※1」を柱として「ISO22000※2」「FSSC22000※3」「ISO9001※4」「AIBフードセーフティシステム※5」を包括した当社独自の「食品安全・品質マネジメントシステム」を運用しています。

食品安全・品質マネジメントシステム
  1. HACCP(Hazard Analysis Critical Control Point)管理:原料の入荷から製造・出荷までの全ての工程において、重要管理点を特定して、そのポイントを継続的に監視し、人に危害を与える製品の出荷を未然に防ぐシステム
  2. ISO22000:安全な食品の生産、流通、販売を目的とした食品安全マネジメントシステムの国際規格
  3. FSSC22000:FSSC(Food Safety System Certification)22000:ISO22000をベースに、食品安全を担保するために遵守すべき事項を明確化した食品安全システムの国際規格
  4. ISO9001:品質マネジメントシステムの国際規格
  5. AIB(American Institute of Baking)フードセーフティシステム:安全な食品を製造するためのガイドラインであるGMP(適正製造規範)を重視した「AIB食品安全統合基準」に則り、外部監査員が工場の現場検査を行う仕組み。フードディフェンス(食品防御)の考え方も取り入れた、以下の5項目の観点から監査が行われます。
    ●作業方法と従業員規範 ●食品安全のためのメンテナンス ●清掃活動 ●総合的有害生物管理 ●前提条件と食品安全プログラムの妥当性
  6. ISO14001:環境マネジメントシステムの国際規格(取得認証一覧に記載あり)